CEBU 4

4日め

この日も雨。




ビーチでもプラプラするか〜

マクタン島へ



高級リゾートホテルをプラプラして
つまんないから

また屋台で軽くメシ


屋台のおばちゃんも
子供たちも
お客さんもみんな笑顔
明るい



ほんと、この旅で思うのは

昭和初期の雰囲気を感じる

おれ自身
昭和生まれ育ちなので

フィリピンに
すごく懐かしみを感じるし

活力を感じる


なんていうか

『 生きている 』感じがする



うさんくさい
日本語を話すキャッチに
交渉して

昼からと、遅めのアイランドホッピングへ



船で海へ出ると

嵐。





グラグラ揺れる船
荒れる海


大自然です


転覆しそうになりながら

カオハガン島へ到着!


雨!

雨でも
それでも
海はキレイ

船頭のにいちゃんをパシャり






日本語で
ひたすら推し売ってくる屋台




雨のなか
楽しそうにバスケ




ちいちゃい女の子ふたりが
おしゃべりしながら散歩




子供の頃は

雨もアトラクションのひとつだったはず


今は都会で
何かを忘れている



またうさんくさい日本語ペラペラの男に
ひたすら
アワビの交渉


最初の値段の
10分の1くらいでたくさん購入



お土産だ〜
岡ちゃんに料理してもらお


と、思ったら


どうやらアワビじゃありませんでした。。

くそっ
ここカオハガンは
日本人オーナーということで有名

また晴れてる時にぜひ来たいです











しかし、もうずっと雨

寒い。

このあと、二つの島をめぐる予定だったけど





もう雨は嫌だから
晴れだした内に帰ろう
他の島によらず
( かなりもったいないけど )

と、


そのままマクタンへ戻ることに



晴れ間がだんだんと広がり
そして
虹が!




最高です


虹が出たら救われるなと思ってたから
よかった



ヤギ、牛、豚、鳥


そこら中にお散歩です

yanafro

yanafro ( ヤナフロ ) -Guitarist,Singer,Painter- 「ending note」 -Release- 『 音彩の島 』 『 Report of birth 』 『 yanafro 』 『 earthing-solo- 』 -MITAKUYE OYASIN-